2012年10月7日日曜日

じぶんらしさ






















10/6~8 の三連休は山に当てられそうなので、今年で4年目となったこの場所から一度くらいは稜線に上がってもいいんじゃないかと思ったのでそのつもりで訪れた。

人出の多さは予想できたので新幹線で早くついてテント場を確保したいとも思ったが普通電車と比べても2時間くらいしか変わらないので、それだけのために金を費やすのは無意味に思えてきたのでいつも通り普通列車でのんびり向う。

山の最寄り駅に到着すると10mくらいのバス待ち。少し気持ちが引いたが仕方ないと気を取り戻す。天幕しそうな人は見られなかったのが少し救いだが、先行者は多いと思うのでいつもよりピッチをあげて休憩なしで目的地へ向った。






















到着したらテントは無し。小屋で女将さんに先月井上さんたちとバラクラに行った報告をしてテン場の最奥へ陣取った。この時点で、正確には女将さんとお話しした時点で稜線に上がる気はなくなった。女将さんのトーンに負けた。ここよりいいところは先には無いだろうと思わされる。いいところだ。






















夕方までビールを飲みながらウトウトして過し、今更稜線に行く気はないが一応行くつもりで早々に夕食を済まし寝床に着いた。

夜半、すごい雨音で目を覚ます。降り始めに気付かない程眠りが深かったようだ。何しろ毎日睡眠3時間半から4時間で前日も帰宅が夜中の1時前ときたら当然か。夜明けには止むだろうなんて再び眠りにつこうと思ったら雨音がおかしい。ぽちゃぽちゃっと聞こえる。テントの外を見てみると一帯が水溜りになっていた。当然寝床の下もタプタプいっている。雨足は増しているようだ。テントを移動させることにする。0:16 のことだった。軽いものはテントの中にそのまま残し、重たいものはパッキングする。レインウェアを上下着てリュックを背負い雨が降りしきる漆黒の中をヘッドランプで水溜りの無い場所を探す。自立式のクロスフレームドーム型テントなのでそのまま持ち上げ移動した。フロアーレステントじゃなくて良かったとツクヅク思う瞬間だ。ペグを打ち直しテントの中で雨を拭い寝袋だけだして兎に角寝た。

5:30 頃に目を覚ました時には雨は上がっていたが、いつ降り始めてもおかしくない天気。少し回復を期待しながら朝食の準備を始めるが、ラジオで天気が回復しないことが分かると山を下りることにした。

下山の理由はそれだけではないのだが・・・。一つは最近テントや寝袋の狭い空間がダメで中にいられなくなってしまう。もう一つは、普段からそうなのだが寝ているときに見る夢というのが変な夢ばかりでかなり精神的に苦痛で現実にまで尾をひくのだ。
今回もこれが出てしまった。
天気がいいときは夜中でも外に出てフラフラして気を紛らわせるのだが、今回の雨では無理だった。

女将さんに連泊するといったが申し訳ないけど下山させていただきました。
























何かすっきりしない山歩きになってしまったがはっきりした点がある。
ここの稜線の一部は以前友人のTERUSIと一度行ったが、自ら思い立っていくところではないと、あまり縁がないところだと分かった(もともと稜線歩きには興味が無い)。
どうしてもここの稜線に上がりたいのなら行きにこの小屋には寄ってはいけない。
雨の連泊には精神的に注意が必要だ。
と、いう三点。

興味が無いことをしても仕方が無いということかなぁ。



0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。
お気軽にどうぞ!